ブルーベリーサプリメントとは

 

最近注目されているのが、ブルーベリーの有効成分を使ったサプリメントです。濃い青紫色の実をつけるブルーベリーは、アメリカやカナダを原産地とする小果樹の一種です。1つにつき数グラムという小さな果実で、実るのは6月上旬から9月上旬にかけての時期です。

 

近ごろはよくサプリメントとして販売されているものを見かけますが、ケーキやパイにジャムやソースの材料として使用されることがよくあるものです。ポリフェノールの一種であるアントシアニンが、ブルーベリーには入っているといいます。

 

眼精疲労からの回復には、アントシアニンを摂ることが効果的だといわれているそうです。航空機のパイロットがブルーベリージャムを第二次大戦中よく食べていたら、ものが夜でもよく見えるようになったという逸話も耳にしたことがあります。

 

強い抗酸化力をもつアントシアニンは、体の中の活性酸素を少なくするのに有効です。たくさんこの成分が含まれる食材はムラサキイモや黒豆、ハスカップ、クランベリーなどですが、どの食材も日常的に摂るようなものではないと言えます。サプリメントなどを活用することが、毎日十分にアントシアニンを補給したい場合はおすすめです。ブルーベリーサプリメントはほかにもビタミンAやビタミンEを含んでおり、どれをとっても目に効果のある成分です。多くの目の健康に気を使う人がブルーベリーのサプリメントを活用しているわけはそこにありそうです。

 

 

ブルーベリーの効果とサプリメント

 

目の疲れに有効だということで、ブルーベリーサプリメントを摂取する人が増えています。どんなことを基準にしてブルーベリーサプリメントを選んだら良いのか、最近は商品そのものの種類が多いので迷ってしまう人もいるでしょう。

 

まず第一に前提になるのは、サプリメントは食べるものなので、安全性が高く、安心して使える商品であることです。まずは有効成分を確認することが、それらを踏まえた上でブルーベリーのサプリメントを選択するときのポイントです。

 

天然のブルーベリーは利用せずに、ブルーベリーの成分を合成でつくっているものも、最近ではあるといいます。サプリメントを天然成分にこだわって選ぶためには、本物のブルーベリーから生成されているサプリメントを選ばなければなりません。パッケージなどで、アントシアニンが何mg含まれているかチェックしておきましょう。

 

120mg〜250mgが、アントシアニンの1日の摂取量の目安となるものです。

 

アントシアニンが入っている量が、サプリメント一粒当たりにどのくらいなのかチェックしましょう。どのくらい1日のうちに摂取することが勧められているかが重要なのが、ブルーベリーサプリメント選びです。大切なのは、アントシアニンの他にどのような栄養素が含まれているかということです。

 

いくつかの補助成分と組み合わせて摂取した方が、アントシアニンひとつで摂取するよりもっと有効だからです。ブルーベリーの成分と一緒に、サプリメントの中にルテイン、βカロテン、カシスなどの成分が使用されているものを選択することがポイントです。

 

 

ブルーベリーの成分が目にいい理由

疲れ目の解消のために、ブルーベリーのサプリメントを利用している人がたくさんいるといいます。パソコンや携帯機器などで、仕事でもプライベートでも、現代人は目を使用する機会がかなりあるので、慢性的な眼精疲労になっている人も少なくありません。

 

目への直接的なダメージだけでなく、肩凝り、頭痛、吐き気などの症状とも関連しているのが、目の疲れなのです。

 

多くの目にいいとされる成分のアントシアニンが含まれているのが、ブルベリーのサプリメントの特徴です。眼精疲労で悩んでいる人に注目されているサプリメントです。

 

暗い所で物を見るときに少しラクになったり、目の疲労が回復して視野も広がるのがブルーベリーのサプリメントを摂取するメリットだといいます。網膜の内部にあるロトプシンという色素の活動が鈍くなるために、目の疲労が起こってしまいます。

 

活発にロトプシンが活動するようになる作用が、ブルーベリーに含まれているといいます。即効性があるのがアントシアニンの効果なのですが、その効果は24時間程度しかもたないそうです。最近サプリメントが注目されているのは、ブルーベリーを常日頃から摂取し続けることは難しいからなのです。

 

視力がブルーベリーのサプリメントの摂取によって回復するという話もありますが、信用できるきちんとしたデータはまだないといえます。ブルーベリーのサプリメントを利用するにあたって、何もかも信じ切ってしまうことはおすすめできません。